ベトナムのオフショア開発

日本や欧米などの先進国に比べて新興国の人件費は低くく新興国のエンジニアを活用し開発することでコスト削減が見込めます。
日本ではIT人材が供給不足に陥っており、特にプロジェクトを任せられるPMやディレクションができる優秀な人材が不足しているのが現状です。
オフショア開発のメリットは、以下に集約されると思います。


オフショア開発のメリット

  • 1. システム開発のコスト削減
  • 2. 不足する人材の確保
  • 3. 海外進出するための情報収集・パイプの確保



オフショア開発自体は古くからあった開発手法ですが、日本ではあまり浸透しておらずオフショア開発で失敗に終わってしまう事が多いです。
なぜオフショア開発は失敗するのか? その理由は以下であると考えます。


オフショア開発の失敗原因について

  • 1. テスト不足による低品質のソフトウエア。
  • 2. 言語の問題から認知誤りが発生した。
  • 3. 文化や価値観の違いからのコミュニケーション問題が発生。



東名オフィスプロデュースでのベトナム開発


日本人の技術者が常駐しており、上記の問題を解決し『単に拠点が分かれていて色んな国のメンバーがチームにいるだけ』を感じさせます。
また、ベトナムは親日で考え方も日本人と似ている部分があり、とてもよい人間関係・信頼を築けると考えます。



お問い合わせはこちらから